ISMA12 (ローマ, イタリア-5 月 3-5, 2015)

プレゼンテーション募集

、 12第 5 回 IFPUG 国際ソフトウェア測定 & 分析会議 (ISMA12)“測定から価値の創造」
5 月 3-5 2016, ローマ (イタリア) -チェントロ コングレッシ Frentani

最後の年にわたって, ICT 組織サービスおよび非機能的な問題にソフトウェアよりフォーカスを移動しよう. ファンクションポイントの分析 (IP アドレス。) 推定サイズ機能的なユーザ要件の中心技術は依然します。 (毛皮) ソフトウェア ソリューション, 彼らの非機能的な側面の他の統計情報によって補完する必要があります。, 例えば. スナップを適用します。, 非機能要件のサイジングで IFPUG 法 (Nfr), ISO/IEC に基づく 25010:2011. しかし、プロジェクトは '製品' および情報技術インフラストラクチャ ライブラリとしてのサービスマネジメントのよく知られているベスト プラクティスよりも広い (ITIL) または iso 規格 20000 'value' をキーとして考慮します。. 値ベースの管理を通じて情報に基づいた意思決定、市場で競争力を維持するために異なる視点を持つ利害関係者の短期的および長期的な目標を分散とお得な情報します。.

両方のケースで, 意思決定のプロセスは測定に基づいて, 作業はより良い方法の組織を理解するため右の目的とドライバーを選択して時間をかけて改善することができます。. 数に近づくようなバランス ・ スコアカード (BSC), 実践的ソフトウェア測定 (PSM), 目標質問指標 (GQM), または ISO 測定情報モデル (MIM) ステーク ホルダー組織のさまざまなレベルでの目標を測定をリンクすることにより、測定プログラムの計画ソフトウェア組織をサポートするために開発. このようなアプローチの前提は、その利点は戦略的なレベルでだけでなく、見るだけではなく組織全体に利用されている場合にのみ、バランス測定プログラムが継続的な経営陣のサポートを得ることができます。 (またはほとんど) 短い中間期.

後イタリアに戻ってくる 20 年, IFPUG ISMA 会議のこの新しい版は、実務家や研究者が計画を有し、測定プログラムの範囲の実践と理論の両方の視点からの最も最近の進歩を議論するためのフォーラムを提供します。 ソフトウェアの価値の創造値ベースの管理 ソフトウェア製品およびサービス開発の組織で. 私たち担当の専門家を招待します。, 関与してください。, 革新的なアイデアを共有するソフトウェア測定に興味がある、または, 経験, このスコープ内での懸念.

セッションのトピックが含まれますに限定されません。:

  • FPA とスナップの技術プロジェクトのサイジングのための共同アプリケーションの経験
  • IFPUG スナップ両方のアプリケーションを開発および保守プロジェクトでのケーススタディ
  • 評価段階で初期 Nfr を適切に管理する方法
  • 値ベースの管理の向上のための計測フレームワークの要件
  • コスト効率と持続可能な測定プログラムのためのアプローチ
  • どのように履歴データをプロジェクト (博士号を取得) 独自の推定を改善するために組織を助けることができます。
  • 測定プログラムを計画するための確立されたアプローチの使用に関する実証的研究 (GQM, 赤道ギニア(私は)M, PSM, ICT バランス スコアカード, MIM, など。)
  • ビジネスと顧客の値の異なる寸法/視点の測定
  • 情報に基づいた意思決定を通じて他のステーク ホルダーのビジネス レベルの目標と目標の配置
  • 査定及び組織の値の流れを改善するための測定プログラムの使用
  • プロセスと製品の測定を使用して新しいアプリケーション ドメインでの経験, 例えば. スマート システム, 保健医療, ゲーム システム.

サブミッション
抽象的な (も長くないです。 2 ページ) 提出する必要があります。 segreteria@gufpi.org, あなたの提案を記述します。. 論文として両方のプレゼンテーション (関連プレゼンテーション) 受け付け. 最終プレゼンテーションをより長くする必要があります。 25 スライド, コマーシャルを含む (最大自分の組織を示す 1 つのスライド), 論文長く than.10 ページでなければなりませんしながら.

会議の言語は、イタリア語と英語.

重要な日付:

  • 要旨提出: 10 月 31, 2015
  • 合否の通知: 11 月 21, 2015
  • プレゼンテーション/フルペーパー提出: 1 月 31, 2016
  • 最終プレゼンテーション/ペーパー版: 2 月 28, 2016

会議のウェブサイト (外部)