ファンクションポイント条クロストークマガジンに掲載されています!

記事* ジョー・スコフィールドによって, アランArmentrout, そしてレジーナトルヒーヨ, “ファンクションポイント, ケースポイントを使用します, ストーリーポイント — ケーススタディからの観察” ただで公開されています 月/ 6月号 クロストークの雑誌の! ページを参照してください。 23 – 27.

抽象: ソフトウェア開発の成功, 推定, 測定値は、現在のプロジェクトや組織に挑戦し続けます. スケジュールと予算は、予測可能なように見えます, 早期かつ頻繁に製品のサイズの期待をキャプチャすることができないの光の中で、おそらく不当. ファンクションポイント (FP), ケースポイントを使用します (UCP), そしてストーリーポイント (SP) サイズを確立するための3つのアプローチがあります (努力のかサイズ). これらのそれぞれは、アイデンティティの類似点と相違点をケーススタディに適用されます. 嗜好性の尺度は、目の肥えた読者に残され. プロジェクトに関する詳細リミテッド, そのチームの規模, 期間, そして目標は、意図的に意図した焦点は、プロジェクトの測定結果を比較することにあるので、研究から除外されています.


* スコフィールド, ジョー, Armemtrout, アラン, トルヒーヨ, レジーナ, “ファンクションポイント, ケースポイントを使用します, ストーリーポイント — ケーススタディからの観察”; 漏話 – 防衛ソフトウェア工学のジャーナル, 巻 26 ノー 3, 5月/ 6月 2013, PP 23 – 27.

 

あなたも好きかも...