ISMA 14 プレゼンテーション募集

最後の年の間に, ICTの組織は、サービスおよび非機能的な問題へのソフトウェアからより多くの焦点を移動しようとしています. ファンクションポイント分析 (FPA) まだ機能、ユーザの要件を推定し、サイジングのための中心的技術のまま (毛皮) ソフトウェア・ソリューションのための, しかし、彼らの非機能側のために他のメトリックによって補完する必要があります, 例えば. SNAPを適用します, 非機能要件のサイジングのための新しいIFPUG法 (NFRs), ISO / IECに基づきます 25010:2011. しかし、このプロジェクトは、「製品」よりも広く、情報技術インフラストラクチャライブラリとしてサービス管理のための周知のベストプラクティス (ITIL) ISOなどの規格や 20000 キーとして「価値」とみなし. 市場での競争力を維持するために、通知意思決定を通じて異なる視点を持つ利害関係者の短期的および長期的な目標のバランスをとると値ベースの管理のお得な情報.

両方の場合において, 意思決定プロセスは、測定に基づいています, より良く理解するために、組織が機能している道を右目標やドライバを選択し、時間をかけて改善することができます. アプローチそのようなバランススコアカードの数 (BSC), 実践的ソフトウェア測定 (PSM), ゴール質問 - メトリック (GQM), またはISO測定情報モデル (ME) 組織のさまざまなレベルでの利害関係者の目標に測定をリンクすることにより、その測定プログラムを計画する際に、ソフトウェアの組織をサポートするために開発. このようなアプローチの前提は、その利点だけ見てするのではなく、戦略的なレベルでだけでなく、組織全体で利用されている場合にのみ、バランスの取れた測定プログラムは、継続的な経営トップの支持を得ることができるということです (またはほとんど) 短期中期的に.

IFPUG 30周年のために米国に戻ってきます, ISMA会議のこの新しい版は、計画の中で最も最近の進歩を議論する実務家や研究者のためのフォーラムを提供し、の範囲で実用的かつ理論的な両方の視点から計測プログラムを維持します ソフトウェアの価値創造 そして 値ベースの管理 ソフトウェア製品およびサービスの開発組織で. 私たちは、責任の専門家を招待します, 巻き込まれている, またはソフトウェアの測定に興味を持って革新的なアイデアを共有します, 経験, この範囲内と懸念.

セッションのトピックは、これらに限定されないが、:

  • FPAを使用して、より良い見積り
  • 革新的な / 様々な契約の価格と契約アプローチと課題
  • より良い値ベースの管理のための測定の枠組み
  • スコープを監視および制御するためのアプローチ, ソフトウェアプロジェクト/プログラムの予算とリスク
  • 値ベースのソフトウェア計測
  • SNAPとFPAとソフトウェア測定を強化
  • 新しいアプリケーションドメインでプロセスおよび製品測定を使用しての経験
  • 測定の成功事例
  • FPAおよびSNAPを使用して課題/成功

提出
抽象 (より長くありません 2 ページ) に提出しなければなりません cec@ifpug.org, あなたの提案を記述する. 論文としてどちらプレゼンテーション (関連のプレゼンテーションで) 受け付けられます. 最終的なプレゼンテーションは、より長くてはいけません 25 スライド, 何のコマーシャルを含みません (独自の組織を提示する最大の単一のスライド), 論文はより長くなければならないことを意味する一方、 10 ページ.

会議の言語は英語です.

重要な日付:

  • 抄録提出: 六月 10, 2017
  • 受け入れ/拒否の通知: 六月 20, 2017
  • 全プレゼンテーション/論文提出: 七月 10, 2017
  • 最終的なプレゼンテーション/紙版: 七月 23, 2017
  • 会議の日時: 九月 15, 2017

テンプレート:
以下のテンプレートをダウンロードするにはここをクリックして下さい:
- 抽象
- プレゼンテーション
- 最終的なコンパニオン紙 (スタイルガイド ドットテンプレート)