CMMI Vで推定ベストプラクティス 2.0

ISMA 17 会議: CMMI Vで推定ベストプラクティス 2.0

KrupanandamバブーMannekunta

 

抽象:

CMMI V 2.0 4月にリリース 2018, 完全溶液サイズの測定に基づいて推定するための別のプロセス領域を割り当てました. 本論文では、CMMI Vに列挙推定に関するベストプラクティスへの深いダイビングを取ります 2.0 計画と管理業務の一部であります (PMW) 機能エリア. 本論文では、また、それらの相互関連性の重要性に照らして、順番にプロジェクトのための2つの重要な因子としての要件と推定を議論しなければなりません. 一般的に利害関係者によって見られるような値のファンダメンタルズが扱われます. 値を決定する方法, 値の流れのチャンネルが研究されています. プロジェクトでの時間管理の必要性が強調されています. ベンチマーキングとベースライニングの定義だけでなく、それらの間の違いは理解されています. プロジェクトの履歴データを確立する必要性が強調されています. 最後に、この論文は全体でソフトウェア・アプリケーションおよびプロジェクトを測定するソフトウェアのサイズの必要性を調べ, そして、それはそれらを開発するために必要なものを表しています, そしてどのようにSNAPは、その領域に取り組む開始しました.


スピーカーについて:

KrupanandamバブーMannekunta (彼は短いに呼ばれてバブー) と品質のコンサルタントであります 18 定義を含むプロセスコンサルティングの長年の経験, 実装, メンテナンス, ISOとラインの改善とトレーニング 9001, 27001 スタンダード, CMMIモデル, アジャイル方法論とソフトウェアの推定 & IFPUG FPのような測定方法論, COSMIC FP, NESMA FPとSNAPポイント.

彼は、ビジネスアナリストの役割に取り組んできました, プロジェクト管理者, 品質コンサルタント, 内部監査人, トレーナーとソフトウェアの推定コンサルタント. 彼はISMAに論文を発表しました 13, 統合されたFPA - 「と題しSysmetry & スナップ.