ISMA 17 工房 #1

工房 1: IFPUGファンクションポイントを使用してソフトウェアのサイジングと推定

日時: 行進 6 (9 AMへ 1 PM IST)

プレゼンター: KrupanandamバブーMannekunta

 

ソフトウェアの推定と生産性の測定計画は密接に関連しており、任意のソフトウェアプロジェクトのための努力の正しい推定に到着するように統合する必要があります. 努力の推定の最善のアプローチは、組織自身の過去のデータに基づいています. 組織のデータベースを構築するためには、プロジェクトと努力の大きさを知ることが重要です / サイズの単位は、各プロジェクトで過ごしました. 新しい入札の場合, 私たちは、プロジェクトのサイズを計算することができた場合, 努力推定値は、時間/単位サイズの乗算することによって得ることができます. 課題は、ソフトウェアの大きさを測定することです. IFPUGファンクションポイント計測はソフトウェアの大きさを測定するための世界標準と均一な方法論を提供することにより、ソフトウェアの大きさの測定のこの課題に対処します. このワークショップでは、あなたのソフトウェアの機能規模をカウントする方法を垣間見ることを提供し、どのように同じことが、生産性の測定に使用され、新しいソフトウェアプロジェクトのコスト.

対象読者: ビジネス/機能アナリスト, プロジェクトマネージャ, 入札マネージャ, PMOスタッフ, 品質管理者とプロジェクトの見積もりに関わる誰も, FURに主の注意を払って (利用者機能要件).