ISMA 17 工房 #2

工房 1: IFPUGソフトウェア非機能評価プロセスを使用したソフトウェアのサイジング (スナップ)

日時: 行進 6 (2 PMさん 6 PM IST)

プレゼンター: ジョシュアフェルナンドとスリニヴァサラオKanneganti

 

現代の時代に, ソフトウェア業界は、デジタルに移動しているとき, Eコマース, 解析, 雲, バーチャルリアリティ, 人工知能など, それは定量化するための大きな課題やサイズ非機能ユーザーの要件となっています (NFRs). これらの要件は、主にユーザビリティに関連しています, セキュリティ, 性能効率, 確実, ポータビリティ, メンテナンス性, 互換性 & アプリケーションの機能的安定性関連の側面. 非機能要件のシェアが急速に成長しています, から 15% 最近のデジタル変革プロジェクトの伝統的なプロジェクトへの〜50%. 観客はIFPUG SNAPが何であるかを理解します (詳細に), どのようにSNAPを使用したサイズNFRsへ, ファンクションポイントを統合する方法 & SNAPと完全なアプリケーションの全体像を取得.

対象読者: ビジネス/ ITアナリスト, プロジェクトマネージャ, 入札マネージャ, PMOスタッフ, 品質管理者とプロジェクトの見積もりに関わる誰も, NFRに主の注意を払って (非機能要件).